ホーム : デューデリジェンス : 第三者及び取引先スクリーニング

第三者及び取引先スクリーニング

今日のグローバルなビジネス環境では、重要な事業の運営で海外のベンダーを活用することが多くのビジネスチャンスを生みます。

しかしこうした活動は単純な風評被害以上の新しいリスクをもたらします。企業はベンダーや第三者のリスク管理責任を負い、取引相手による賄賂やマネーロンダリング、製品のリコールや不正行為などのリスクを取り除くために、取引相手を監視し分析する必要があります。

クロールの第三者及びベンダーのスクリーニング・ソリューションは、効率的に取引先から必要な情報を集め分析し、主要なリスクを分類整理し、必要に応じてデューデリジェンス調査を行う腐敗行為防止プログラムに大きな力を発揮します。

ターンキー方式:
クロールは、お客様がビジネスパートナーを認証し、主要な企業情報や公開情報や、信用情報や関係書類を取引先から収集し、行動規範やビジネス慣行を確認できる、データ管理のプラットフォームを提供します。加えて、クロールのテクノロジーは、社内チーム(コンプライアンス、法律、セキュリティのチーム)とクロールの調査アナリストの連携を図ると同時に、最新のコンプライアンス情報が報告され、重要情報に即時にアクセスできるように、第三者データをデューデリジェンスのワークフローに統合する手段を構築します。

効率的で質の高いデューデリジェンス:クロールの調査能力はトップクラスです。クロールは、過去5年間で20言語以上で調査を行い約85,000例の対象者を調べました。クロールは、分かりやすい調査プロセスやサービスの費用をお客様にお伝えすることを心がけています。お客様は、クロールに調査を依頼する段階で、それぞれの第三者デューデリジェンス調査の目的と費用と期間を正確に把握できます。

専門的な深い知識:クロールには、海外腐敗行為防止法(FCPA)や業界で豊富な経験を積んだ元連邦検察官に代表される専門的な幅広い知識があります。

ケーススタディ: メーカーが世界中の販売代理店のスクリーニングを実施
クロールは、大手工業製品メーカーの依頼を受けて、世界中の販売代理店に対してコンプライアンス・スクリーニングを行うためのプログラムを導入しました。メーカーは、プログラムによって10,000社以上のすべての代理店とコンタクトを取り、行動規範の遵守状況を確認し、それぞれのビジネスパートナーの会社や経営者、内部統制、最新の財務状況、信用情報を入手し、代理店が関与する公共事業や合法的活動の公開情報を監査することを希望していました。 

クロール東京支社

専門家を探す