訴訟支援

取引上の紛争が訴訟へと発展した場合、訴訟費用や業務の中断による損失は膨大な負担になります。

訴訟目的に対応し迅速に紛争を解決に導く、クロールの専門知識、多様なソリューションおよび豊富な経験は、お客様や弁護士から厚い信頼を得ています。

クロールの調査員、テクノロジー専門家、フォレンジック・アカウンタント(法会計士)および熟練したアナリストが、重大な問題点を特定し、有用な関連情報を積み重ね、手がかりになる情報を有する人物を見つけて面談できるのは、業界トップの世界的な組織と経験があるからです。

クロールは、お客様と相手の証人の脆弱性を明らかにし、数字の背後に隠された問題点を見極め、電子データの証拠を見つけて保全し、世界中で資産の流れを追跡に役立つ法的手段を熟知しています。

クロールが誇るのは、そのクオリティです。クロールは訴訟の環境を熟知しており、現地の事情に詳しく、国際的なネットワークを用いて機微で複雑な問題を解決します。

ケーススタディ: 特許侵害の調査
クロールは、元社員と元社員が立ち上げた会社を相手取って2件の訴訟を起こした技術系企業から調査依頼を受けました。クロールは、相手方が裁判所の禁止命令に反して手持ちのデータを破壊・削除したことを示す証拠を探し出しました。クロールの技術者はデータを復元し、調査結果を含んだ宣誓供述書を提出して、復元したデータのフォレンジック分析を行いました。連邦裁判所は、相手方がお客様の特許権を侵害し、証拠を破壊、公正な取引慣行に違反していると裁定しました。相手企業は解散し創業者は以後5年間業界への参入を禁止されました。

ケーススタディ: 財務不正疑惑の調査
年間売上げ30億ユーロの規模の世界的な消費者向けパッケージ商品業者の取締役会宛てに、販売本部長が大手流通会社と共謀して不正行為に関与した疑いがある事を指摘する匿名の告発文書が届きました。ヨーロッパやアジア、北アメリカに所在するクロールの調査員は告発内容を確かめるために、複数の拠点にあるパソコンのデータを抽出し、公開情報の調査も行い、主な関係者を特定し面談しました。クロールの調査によって、取締役会は疑惑に対して迅速に対応し、損害や風評被害を免れました。 

クロール東京支社

専門家を探す