ホーム : 調査 : サイバー調査

コンピュータ・フォレンジックス

効率化を図るべくコンピュータや他の電子機器への依存度が高まるにつれ、紙媒体の文書が減少し、知的財産の保護、社内の不正調査、または外部からの脅威による風評被害の予防など企業にとって新たな課題が生まれました。 

クロールのコンピュータ・フォレンジックスの専門家は、最先端の技術を駆使し、訴訟、調査、および事実解明にとって重要な電子データを復元することで、それを証拠として使用することを可能にします。コンピュータ上におけるデータの消去または改ざんの形跡の特定、電子データの内容やインターネット、電子メールの使用パターンの分析、消去データの内容及びメタデータ等の情報の分析評価を行います。 

クロールは、調査対象者が破壊を試みたハードディスクからもデータの復元を試みることができます。また、クロールは適切な方法を用いて調査分析を行う為、クライアントは調査結果を基に知的財産のネット盗難や商品の偽造経路を追跡することが可能なほか、ネット上に匿名の中傷を書き込む競合他社や不満を抱く会社関係者の正体を突き止めることもできます。


クロールのチームは、証拠のフォレンジック・インテグリティを保持し、その証拠性を高める専門家です。クロールは法廷で、あるいは宣誓供述書によって、フォレンジック分析の結果を証拠として提出した実績があります。クロールは両係争当事者の合意を得た第三者機関として、両当事者の調査を一度に請け負った実績も数多くあります。

クロール東京支社

専門家を探す




サイバー調査 効率化を図るべくコンピュータや他の電子機器への依存度が高まるにつれ、紙媒体の文書が減少し、知的財産の保護、社内の不正調査、または外部からの脅威による風評被害の予防など企業にとって新たな課題が生まれました。