ホーム : 調査

調査

調査

不正や社内の財務不正は、今日の企業が直面する最も複雑で困難な課題です。

社内で不正行為が発覚したとき、たいていの場合、企業には適切に対処できる用意がありません。その結果、多額の金銭的損失や風評被害、規制違反などの業務上深刻なリスクが生じます。こうした脅威をよそに、多くの企業は不正事件を防止し、確認し、対処し、正常な状態に戻すための適切な対策を講じていません。

クロールは、独自に開発した重層的なサービス提供によって、調査から回収、訓練、防止までの各段階で、お客様をサポートする専門的なアドバイスを提供できます。

クロールの調査員は、面接、証拠集め、監視の訓練を受け、最新の調査テクニックを身につけています。クロールは、民事・刑事訴訟に必要な証拠能力や立証基準に関する詳細な知識を蓄積しています。 問題や不正が疑われる状況が発見されるとすぐに、クロールの専門家がお客様のニーズに応え、問題を解決するための調査計画を立てます。損失を膨らませないために応急措置を講じることや、事態を報告するべき利害関係者や取締機関を確認することも計画に含まれます。 クロールの調査会計士が損失を数量化する一方で、元検察官や法執行機関出身者、金融アナリスト、コンピュータ・フォレンジックスの専門家、訓練を積んだ調査員などで構成されるクロールの経験豊富なチームが、損失を招いた責任のある個人や団体を特定します。さらにお客様がその後直面する民事訴訟や規制措置や刑事訴訟をサポートする証拠を確認し、収集します。

クロール東京支社

専門家を探す




調査 不正や社内の財務不正は、今日の企業が直面する最も複雑で困難な課題です。 不正や社内の財務不正は、今日の企業が直面する最も複雑で困難な課題です。