ホーム : デューデリジェンス : 詳細デューデリジェンス

詳細デューデリジェンス

企業合併、買収、株式上場、ジョイントベンチャー、プライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、その他の投資を含む今日の金融取引には、かつてないほど大きなリスクがついてきます。

これらの取引は多額の資金や資源を注ぎ込みますが、確かな財務情報、取引実績やマネジメントの経験などの情報に基づかず、見込まれる相乗効果や利益をベースに意思決定されることがあります。クロールの詳細デューデリジェンスは、包括的なデータベース、公的記録の詳細な分析、世界各地に所在するエージェントを活用して、隠れたリスクを明らかにし取引を成功へと導きます。

クロールは40年近く、金融機関、プライベート・エクイティ・ファーム、企業や弁護士をサポートし、将来の取引リスクを最小限に抑え、成功に導くための綿密かつ詳細な調査を行ってきました。

クロールは、経営者のレピュテーション、ビジネス上の評価、財務や経営の履歴、主な非財務情報の確認、訴訟や紛争の記録、環境賠償責任や未公開の問題などを含む対象者の総合的なバックグラウンドとレピュテーションに関わるインテリジェンスを提供します。さらにクロールは、重要な事実の詐称や隠匿、財務管理やシステムの問題、非現実的な見積りや水増しされた資産、簿外債務や過少申告負債、重大な経営管理問題や事業価値の算定も行います。最終的な調査結果は問題点の詳細な輪郭を示し、顧客は明らかになったリスクに対処して、取引を見直し、価格を改定し、時には取引を打ち切ることも可能となります。

ケーススタディ: プライベート・エクイティ・ファンドがお茶のプランテーションへの投資を検討
お茶のプランテーションへ投資を検討しているプライベート・エクイティ・ファンドの依頼を受けて、クロールは、不正が行われた形跡はないか、法律に準拠し、倫理的に運営されているかを確かめるために、農園とその主催者を調査しました。その結果、お茶のプランテーションも関係者も一切存在しないことが判明しました。すべては巧妙に仕組まれた詐欺だったのです。

ケーススタディ: プライベート・エクイティ・ファームが外国為替業者に投資
プライベート・エクイティ会社が国際外国為替業者(FX)に多額の出資をする際、クロールが詳細なデューデリジェンス調査を行いました。クロールはFX業者の方針、資金の取扱いや残高の確認、マネーロンダリング対策、会社の為替差損を防衛するプロセスやモデル、経営幹部や主要な社員を徹底的に調査しました。Kroll の分析は、プライベート・エクイティ・ファームに FX 業者の業務やコンプライアンス能力を十分理解させ、FXとの交渉時に影響を与えました。

クロール東京支社

専門家を探す




詳細デューデリジェンス 詳細デューデリジェンス 詳細デューデリジェンス