ホーム : デューデリジェンス : コンプライアンス・ポリシー及びプロセス・コンサルティング

コンプライアンス・ポリシー及びプロセス・コンサルティング

どんどん増加していく複雑な規制に準拠し続けることは、事業を行う上でのコスト要因となります。

しかし、顧客の身元や財産の出所を確認し不正を防止することは、たいていの場合、その作業が求められている企業のコアとなる能力ではありません。クロールは、企業に新しいコンプライアンス慣行を強いる新法の制定など、規制が絶え間なく変化して増大していく現代社会に着目してデューデリジェンスや調査能力を発展させ、お客様がこのような新しい責任を果たすためのサポートをします。

クロールにとってはこれがコアとなる強みの1つです。クロールはお客様とともにコンプライアンス上のゴールとプロセスを設定し、その導入をサポートすることにより、規制当局の検査に備えて完全かつ監査可能なコンプライアンス・データを作成することができます。さらに、クロールは、現行のコンプライアンス・ポリシーをより包括的なものにするよう見直します。

ケーススタディ: インドにおけるカスタマー・インフォメーション・プロセス
インドで事業を行っている大手投資銀行の依頼により、クロールは現地のマネーロンダリング対策(AML)コンプライアンス活動をサポートしました。クロールの顧客情報プロセス・プログラムを活用し、お客様は直ちに新規取引先のデータを取り込み、取引先の AML 規則・基準遵守状況を取締機関に説明できるようになりました。

ケーススタディ: 世界的金融機関の政治献金コンプライアンス
2011年3月現在、米国証券取引委員会とアメリカ合衆国各州は、国有資産や年金基金から出資を受けている金融機関の社員に、政治献金コンプライアンス規則に従うとともに報告する義務を課す新しい規則を制定しました。世界的な金融機関はクロールの政治献金コンプライアンス・システムを利用して、社内スタッフの献金履歴を事前に調査しています。クロールのシステムを使えば、社員の過去の献金履歴を調査、報告できます。不審な献金は注意喚起され、お客様の経営幹部に報告されます。 

クロール東京支社

専門家を探す