ホーム : 調査 : 訴訟支援と紛争解決 : 紛争解決アドバイザリー

紛争解決アドバイザリー

商事紛争は複雑で費用と時間がかかります。クロールは事実を独立した立場から専門的に評価し、想定される経済的な損失を数量化します。

クロールは調査から専門家としての証言まで一貫したサポートを提供することが出来るため、お客様は業務に専念することができます。クロールは、ビジネスパートナー、ベンダー、従業員、ライセンシーまたは競合他社との紛争をはじめとする、様々な商事紛争に対処する専門的なノウハウを持っています。クロールは、コンピュータ・フォレンジックス、フォレンジック・アカウンティング、知的財産に熟達した調査員の力を結集して、事実の全体像をお客様に示します。

様々な業界の商事紛争の戦略を立て、訴訟に対処して来た多くの実績は、クロールが効率的に問題を解決するために必要なローカルな知識や専門知識を持っている証しです。

早い段階で事実を把握することが重要です。これまでの経験から問題の発生時にパニックになると、会社の評判は失墜し、円滑に解決する機会を逸し、従業員の士気の低下や不信感を抱かせるという問題につながるリスクが生じます。クロールは、法的な手段、組合との交渉、従業員の解雇、取引関係の停止など、お客様の目的を理解した上で調査計画を立案します。クロールは、フォレンジック技術を使って財務記録やコンピュータを分析・調査し、手掛かりとなる事実を引き出すために慎重に面談を行い、事件に関連する情報を特定するために世界各地に所在する情報源を活用して証拠を見つけます。

ケーススタディ: 提携契約違反に巻きこまれたメディア企業
国際的な大企業2社が北米でサービスを提供するためにジョイントベンチャー契約を締結しました。契約後に共同社長が所有する別の会社にジョイントベンチャーのビジネスと資金を流し、競争行為に関与したことが発覚。ジョイントベンチャーの顧問弁護士がクロールに調査を依頼しました。クロールは、共同社長による売上げの横流し行為の証拠を収集し、契約違反による損害賠償と内部統制の欠如を宣誓供述書と仲裁裁判で証言しました。

ケーススタディ: U米国企業の中国CEOの横領疑惑と利益相反の問題
クロールはフォレンジック・アカウンティングとコンピュータ・フォレンジックスを用いて中国人CEOが横領に関与し、米国の法律に抵触する帳簿やデータの改ざん行為と利益相反の問題を確認しました。

クロール東京支社

専門家を探す