取引相手をよく知る

米国愛国者法(Patriot Act)あるいは米国以外で実施されているマネーロンダリング対策(AML)によって、取引候補先が提供する情報が正確であり、それが適切なバックグラウンド調査によって確認されている、といったコンプライアンス遵守上必要なリソースがかつてない程求められています。取引関係が世界各国に広がっていると現在のビジネス環境においては、透明性を確保し、富の源泉を把握し、ビジネス上の様々な背景事情を把握するには、相当な注意を払う必要があります。

新規相手との取引リスクを分析・評価をするサービスにおいて、クロールは長年の実績と情報へのアクセスを持ちグローバルに拠点を有していることから、弊社内で全て対応が可能であり、お客様に対し高いコストパフォーマンスと効率のよいサービスを提供できます。

クロールのサービス分野

クロール東京支社

専門家を探す




取引相手をよく知る 取引相手をよく知る 取引相手をよく知る