ホーム : クロールが手がけているサービス : 不正や法令違反に関する調査

不正や法令違反に関する調査

法令違反、会計不正、コンピュータ犯罪、従業員の不祥事など、不正やその他のビジネスリスクは、多額の経済的損失を招き、深刻な規制リスクや風評リスクをもたらします。

多くの場合、企業は適切な不正防止対策が不十分です。また、社内で不正行為が発覚したとき、被害を最小限に抑えるために、適切に対処できる体制が整っていない場合も少なくありません。

クロールは、不正事件が発生した経緯や容疑者を特定し、資産の回収や損失軽減プランを策定・導入をサポートし、捜査当局や法執行機関、民事訴訟への報告書作成への支援も行います。クロールは、海外腐敗行為防止法(FCPA)や賄賂防止に関連する大型案件に関わった実績があり、法規制違反に関する調査のリーディングカンパニーであると自負しています。

クロールのサービス分野

クロール東京支社

専門家を探す




不正や法令違反に関する調査 不正や法令違反に関する調査 不正や法令違反に関する調査