ホーム : ビジネス・インテリジェンス : クロール独自のヘッジファンド向け調査

クロール独自のヘッジファンド向け調査

ヘッジファンドの成功の可否は、投資を実行する前に、信頼性の高いが入手しにくい情報を収集・分析できるかどうかに左右されます。

クロールは40年にわたって、ヘッジファンドや資産運用を行う投資顧問会社の依頼を受けて、ビジネスチャンスを分析・評価し、収益の高い投資の支援を行ってきました。係争中の訴訟が企業の最終的な損益に及ぼす影響であれ、新しい規制が企業の売上予測に与える影響であれ、経営面での変化がもたらす副次的な影響であれ、ビジネス上重要な問題を的確に理解し、高度なインテリジェンスの収集と分析を行うクロールのサービスは、詳細な情報を得た上での投資決定に必要なインテリジェンスを提供します。

クロールの調査は、ビジネスチャンスのうち公知でない部分、あるいは十分に理解されていない部分を明らかにします。クロールがお客様にご提示する見解は、現地で収集した公的・公開情報を丹念に調査分析して導き出した事実や、クロール固有のエリート情報筋に張り巡らせた世界的なネットワークから得た情報に基づいています。公開情報が少なく、また信頼性の低いような国・地域においても、クロールは、広範かつ信頼できる情報筋のネットワークを通じて必要な情報を収集致します。

投資顧問は、投資決定を目的とした情報を収集する際、これまで以上にコンプライアンス問題を重視する必要があります。信頼性が高くて合法的な独立調査を行うというお客様のニーズを満たすため、クロールの調査は極めて慎重、かつ極秘裏に進められます。

ケーススタディ:  EU における市場機会に対する規制の影響
あるヘッジファンド(以下、「お客様」)は、お客様がすでに投資をしている企業の市場機会に対して、懸案中のEU規制の修正案が与える影響を見極めるため、クロールに調査を依頼しました。このお客様は、修正案が施行に至るスケジュールやその施行方法、さらに誰が施行するのか、といった点について詳細な情報を求めていました。クロールは、公開情報を活用しつつ信頼できる数多くの情報筋に照会し、この修正案によってお客様が投資していた企業にとって市場機会が拡大するという結論を導き出しました。

ケーススタディ:  アメリカ合衆国の掘削会社の環境問題
あるヘッジファンド(以下、「お客様」)は、アメリカ合衆国西部に資産を保有する掘削会社への投資を検討していました。このお客様は、掘削地が所在する州において環境への影響を見直す作業が進行している結果、国立公園近くで掘削を行うことに対する懸念が生じていることを把握していました。このため、当局による見直し作業の進捗状況はどうか、またこれがお客様の投資先となる掘削会社の当該地域での事業にいかなる影響を与えるのか、といった点について詳細な情報を求めていました。クロールは、環境保護団体と連絡を取り、当局関係機関と話し合った上、地図を丹念に分析。当局による見直し作業から浮かび上がるシナリオに関し、お客さまに詳細な説明をしました。

クロール東京支社

専門家を探す




クロール独自のヘッジファンド向け調査 クロール独自のヘッジファンド向け調査 クロール独自のヘッジファンド向け調査