競合先調査

成熟した市場ですでに地位を確立した企業と競合しても、新興市場で無名の地元企業と競合しても、企業の成功は、往々にして競合先の強みや弱みを理解しているかどうかに左右されます。

クロールは、お客様が参入している競争環境を正確に評価するために、様々な業界での調査経験と世界各国への調査カバレッジを活かして、お客様が市場競争力を獲得するための戦略インテリジェンスを収集します。

クロールは、競合先の成功要因を特定します。時には政治家とのコネクションや政府からの補助金、制限の多い市場慣習や不正行為など不当な強みが見られることもあります。あるいは競合が高い収益性や安価な製品を実現できるサプライチェーンを有しているなど、合法的なベストプラクティスが見られることもあります。

買収対象企業やジョイント・ベンチャーのパートナーを調査したいお客様は、クロールに市場勢力図のマッピングを依頼します。特にアジアや中南米の調査では、政府や取締機関に対する競合先の影響力の源泉に関心を持たれることが多くあります。クロールは、高いレベルの倫理規範・法的基準に従って調査を実施します。調査結果は戦略的な決断のベースとなり得る実用的なインテリジェンスです。

ケーススタディ: Cl食品業界における競争に追いつく
世界的消費者向けパッケージ商品メーカーであるお客様は、社内の一部門である食品事業の実績が評価指標を下回っていることを懸念していました。クロールは、調達から顧客管理まで、同業者のサプライチェーンを分析しました。クロールはお客様のチームと緊密に連携し、戦略的なプライオリティを設定し、競合先と互角に戦うための見識をまとめました。

ケーススタディ: 特殊化学製品メーカーによる製品の再定義
特殊化学製品メーカーに新たな競合先が現れ、自社製品に類似した製品の認可を申請しました。クロールの調査によって、競合先がお客様の既存の取引先数百社に接触し、そのうちの多くが関心を示し、生産力を挙げるための契約を結んていたことが判明しました。クロールの警告により、お客様はこの脅威に備えて製品ラインナップやコスト構造を見直しました。

ケーススタディ: 競合先が包装システムの世界的サプライヤーの評判を落とす
世界的な包装システムのサプライヤーの依頼を受けて、クロールは中国の大手競合先のバックグラウンドを慎重に調査しました。この競合先は、マスコミを巧みに利用して、あたかもお客様が不当競争をしているかのように告発する販売キャンペーンを実施していると言われていました。クロールは、競合先の評判や、株主構成、経営陣や過去の業績を調査しました。その結果、競合先は政府から強力な支援を受けているが、法に準拠した法人登録がなく、キャッシュフローにも問題があり、競合他社の業績記録しかないことが判明しました。お客様はこのインテリジェンスを使って自社の地位を守りました。

クロール東京支社

専門家を探す




競合先調査 競合先調査 競合先調査