ホーム : ビジネス・インテリジェンス : 商業デューデリジェンス

商業デューデリジェンス

従来の商業デューデリジェンスは、市場勢力図における企業の予想実績を調査するものです。

しかし商業デューデリジェンスだけでは、不透明な事業分野、確実な情報が少ない新興市場やフロンティア市場への投資を決定するには不十分です。クロールは、商業デューデリジェンスと、政治的リスク評価や風評リスク評価を組み合わせた独自の総合的アプローチで投資デューデリジェンスを提供します。

クロールの総合的アプローチは、商業デューデリジェンスに隠れた不利益情報を発見するクロールの比類なき能力を結合したものです。隠れた不利益情報の中には、対象者の汚職や賄賂の履歴、企業や経営陣の評判、政治家との関係や影響力などが含まれます。この総合的アプローチを活用して、将来予想される収益について、投資家に正確かつ偽りのないアセスメントを提供します。

高度な分析技術に優れた情報収集能力を融合させたクロールの商業デューデリジェンスの報告は、純粋に商業的な問題に加えて、政治的問題や企業倫理問題の理解に基づいた様々なシナリオを盛り込み、売上の増加を予測できるような背景情報を提供します。

ケーススタディ: 中国の流通業界に参入するヨーロッパ企業
中国でのジョイントベンチャーを検討しているヨーロッパ企業の依頼を受けて、クロールは中国の流通会社を調査しました。お客様の投資チームは、すでに対抗4社を退けて、残りの1社をビジネスパートナーにしようと目途をつけていました。クロールは商業的見地から流通業界と主要企業を分析するとともに、流通業界のある部分では、非国営企業が非常に不利な条件下に置かれるという、中国では考慮に入れなければならない法律を発見しました。こうした政治的問題は、商業デューデリジェンスや、お客様が拠り所としていたビジネスパートナー候補の売上・成長予測の条件に直接的影響を及ぼします。クロールはこの見識をベースに、5社のビジネスパートナー候補を総合的に分析し、精度の高い将来の業績リスクを評価しました。

クロール東京支社

専門家を探す




商業デューデリジェンス 商業デューデリジェンス 商業デューデリジェンス